徹底したシミュレーションで土地を吟味

昨年に3組の家づくりに失敗された方々に出会い、このコーナーを作成いたしました。3組様の共通点は住宅に求める理想が高く、お客様の御要望を形にすると住宅だけで3000万円〜3500万円は必要になってくるのに対し、土地を含めた総予算が3500万円程です。
2000万円程で土地をご契約された後に、当社展示場にご来店されたという経緯で、総予算から逆算しますと、1500万円の住宅となります。

右記の表をお手数ですがご覧下さい。1500万円で住宅は購入できます。しかし理想は手に入りません。ではどうすれば失敗せずにすむのでしょうか?
3つの答えがあります。今回は1つ目をご紹介いたしましょう。
(2つ目・3つ目はまた次回にいたします)

1つ目は購入する前に色々調べてみることです。N様邸の例でお話ししましょう。
当社ではお客様の理想を書き出し、その理想が本当に必要かどうかを、私を含めて家族会議で決めて頂きます。理想では4LDKでLDKが20畳、吹抜けが8畳程で薪ストーブにロフト付、1部屋8畳に収納は2畳、長期優良住宅希望という内容でした。
しかし家族会議の結果、3LDK、10畳のDK、8畳の和室、4畳の物置、吹抜け3畳、1部屋6畳、勉強机の上がベットになっている家具を設置し、各部屋収納を1畳にして長期優良住宅にしたいということになり、1週間程でお見積りを作成させて頂きました。

その結果、引越費用以外、エアコンや登記費用なども含めて約2300万円、総予算3500万円から考えると土地+諸経費に使える金額は1200万円となります。豊橋市内でN様が御希望されてるエリアでは1200万円で50坪程の土地となりますと、条件が厳しく、売れ残りの土地しかありませんでした。その土地を見に行くとコケが生えていました。
見た感じはなかなか売れそうにないと感じながら、以下の作業に入りました。

3Dソフトでシュミレーション

当社が使用しているソフトだと緯度と経度、方位を入力しますと正確な太陽高度がわかり、3D画像に現実と同じ影を表現することができます。太陽高度が1年で1番低い日、すなわち、南側の建物の影が北側に1番のびる日の午後12時ウッドデッキまで日当たりは良好であることが、この3D画像で確認できました。あのコケは直射日光の中、生存していたのです。あと、土地からの湿気がすごいのではないかという予測もたちました。
午後2時の影を見てみましょう。

DKと和室が1m程の影になってきました。
北東の隣地には古民家があり、5cm程東へ傾いています。当社は国土交通省監修の耐震ソフトを所有していますので、その隣地建物を正確に診断することができます。
耐震診断結果は地震が来た時に、やはり東向きに倒壊する予測でした。その結果を踏まえ、N様には建物を西に寄せるご提案をいたしました。

もし家庭菜園を御希望の場合、1年の隣地影を知ることは必須条件ではないでしょうか?
N様は春から秋まで家庭菜園を御希望でしたので、春の3月21日午前10時をご確認して頂きました。

また、夕方4時に南の隣地の方が北の窓をのぞくと、下図のように和室もキッチンも丸見えになってしまいます。しかしカーテンや障子を閉めたままでは嫌ですよね。

その対策としてカーポートを設置することにいたしました。庭工事の予算の必須項目にカーポートが入りました。 このように、もしこの土地を購入した場合、どのような長所と短所があるのか徹底分析してお客様がその長所・短所を納得して頂いた上で安心して購入することができました。色々調べて、日当たりなどを3Dで確認することで、この土地でも十分理想の家が建築できることが分かり、総予算でおさまりました。購入してから失敗に気づいても遅いのです。是非、購入する前に一度ご相談下さい。

ページの上部へ戻る